1日1回は大豆食品を食べる

アンチエイジングを考える上に、女性ホルモンはとても大切な要素です。代表的な女性ホルモンにご存知のエストロゲンがありますが、卵巣から分泌されるホルモンです。そのエストロゲンと似たような作用をするのが、大豆に多く含まれているイソフラボンなんです。

 

ま、この事はほとんどの方がよ〜くご存じだとは思いますが、おさらいだとお考えになって読んでくだされば…と思います。

 

女性ホルモンは30才を過ぎ、35才くらいからどんどん減少していってしまいます。女性ホルモンが減少すると新陳代謝が落ちて太りやすくなって、特にお腹回りに脂肪が付きやすくなってしまいます。また女性ホルモンはコラーゲンやヒアルロン酸の生成を助ける働きがあるので、女性ホルモンの不足は肌質へも大きく影響してしまいます

 

女性ホルモンの減少は、更年期障害や骨密度の減少、脳機能の低下など、女性には深刻な状況を引き起こす事にも影響を及ぼします。単に加齢によるもの…と片付けてしまわないで、女性ホルモンの減少を抑制する努力をしましょう!

 

1日1回大豆食品を食べることで、女性らしいあなたでいられるのだとしたら、これは実行するしかありませんよね。イソフラボンは24時間で排出されてしまうので、毎日食べる事が大切です。納豆でもお豆腐でも豆乳やきな粉ゆでた大豆など、大豆食品はいろいろありますから、お好きなもので大丈夫ですよ。納豆が嫌いな方が無理に納豆を食べる必要はありません。

 

女性ホルモンを増やす為の大豆食品の1日の目安は、お豆腐なら1/2丁、納豆なら1パックです。特に量を気にせず、とりあえず毎日食事で大豆食品を摂る習慣を付けるようにしてくださいね。


納豆が苦手な方には・・・

世の中には納豆が苦手って方、多いですよね
実は私も納豆を食べられるようになったのは最近の事なんです。

 

たまたま手巻き寿司のパーティーで勧められて食べたのが始まりです。ひき割り納豆で、寿司飯や海苔の香りで納豆独特の匂いが抑えられていたせいか、納豆が食わず嫌いだった私でも食べる事ができたわけです。初めて食べた納豆が思いのほか美味しくて、それ以来手巻き寿司に納豆は欠かせないし、食事にだってご飯にはかけずにそのまま食べています。

 

もちろん、アンチエイジングの為に1日1パックは欠かしません。でも、どうしても嫌いな方はナットウキナーゼのサプリメントはいかがですか?これなら他の効果もありますから、一石二鳥だと思います。

 

⇒ナットウキナーゼ・小林製薬の通販 送料無料